2020年6月22日月曜日

自分の家をつくることにした。

ブログのネタもマンネリになり、
自分の家を自分でつくる話を紹介する。
家を作る構想は10年以上まえから考えていた、どんな家にするか、どこに建てるか、どんな素材にするか、かなり迷い勉強しました、国内もいろんな所に行き、海外もフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ギリシャなど仕事のついでに建築現場を見て回りました。






まずどんな家にするか、50を過ぎた結果とにかく小さく落ち着く建物に決定。
どこに建てるか、これもいろんな土地を探しました、仕事上志摩はとても不便で、台風、地震、津波どの条件も厳しく、ただいろいろ調べてみるとどこにしてもなにかしら問題はあるようで、運が良いことに今住んでいるところは地山で海抜は19メートル良しとすることに。
どんな素材にするか、本当の自然素材で地元の木材、竹、土を使う、
建てる場所は今ある家の西側した、今の家で生活ができるのことで急がずゆっくり作ることができる。
なぜ家を建てることにしたか、今すんでいる建物は25年まえに建てたもの平屋で寄棟当時は防腐剤や新建材、ビニールクロス、グラスウール、合板、ボンドなどをたっぷり使った建物で正直できた時から不信感がありました。ただ田舎のため窓は開け網戸にする習慣があったのは幸いかも、
リホーム考えましたが建物を調べてみると壁の中はカビが、グラスウールは粉状になりこれは予想以上に酷い。これが決定打になりました。

どうして自然素材を使うことにしたか。
15年まえに部屋を増築しました。木造で床と天井はムク材、壁は珪藻土これはボンドを使用していますが隙間もあるため随分まし、自分が思うに木材を使用している建物はやはり空気が良い。
もちろん今の住宅でも健康面を考えて作られているものもあると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿