2020年6月22日月曜日

自分の家を自分でつくる12

とにかく驚くほど木を使います。
屋根垂木芯もち、野木板赤み、まだまだ下地


自分の家を自分でつくる11

建てまえ
いよいよ建前です。メンバーは中西と自分と子どもたち。
この程度の建物は一日あれば組みあがりますが自分はゆっくり味わいながら組み立てていきます。もちろん危険な作業ですはじめのうちは子どもたちもへっぴり腰ですがこつは落ち場所を選ぶこと何もないところに落ちればたいしたけがにはなりません。
こんなに楽しい作業を一日で終わらしてしまうのはもったいない、この建物は雨にぬらしても大丈夫な素材で作っています。



自分の家を自分でつくる。10

刃物の手入れ。
手刻みといえば聞こえは良いがプレカットの方が確実で早いことは間違いない。
ただせっかく自分の家を自分で作るのだから手間や面倒は了解済みである。
自分も大工の見習い経験があり自分で刻んだ継ぎ手(腰掛あり継ぎ,大入れあり掛け、かぶとあり掛け、追っかけ大栓継ぎなど)を確実に組みあがる気持ちの良さは経験したものにしか味わえない物があり時間やお金の問題ではなくゆっくりと味わいながらつくります。
刃物の切れ味はそのような仕事を大きく左右し手入れされた蚤やカンナ、チョウナ、ヨキ
などの手入れは怠ってはいけません。


自分の家を自分でつくる。9


防虫、防腐 土台は焼きます。
もちろん今の時代もっと良い方法はいろいろあると思いますが自分の家なのでこの方法が自分にやってみることに。