2020年6月22日月曜日

自分の家を自分でつくる12

とにかく驚くほど木を使います。
屋根垂木芯もち、野木板赤み、まだまだ下地


自分の家を自分でつくる11

建てまえ
いよいよ建前です。メンバーは中西と自分と子どもたち。
この程度の建物は一日あれば組みあがりますが自分はゆっくり味わいながら組み立てていきます。もちろん危険な作業ですはじめのうちは子どもたちもへっぴり腰ですがこつは落ち場所を選ぶこと何もないところに落ちればたいしたけがにはなりません。
こんなに楽しい作業を一日で終わらしてしまうのはもったいない、この建物は雨にぬらしても大丈夫な素材で作っています。



自分の家を自分でつくる。10

刃物の手入れ。
手刻みといえば聞こえは良いがプレカットの方が確実で早いことは間違いない。
ただせっかく自分の家を自分で作るのだから手間や面倒は了解済みである。
自分も大工の見習い経験があり自分で刻んだ継ぎ手(腰掛あり継ぎ,大入れあり掛け、かぶとあり掛け、追っかけ大栓継ぎなど)を確実に組みあがる気持ちの良さは経験したものにしか味わえない物があり時間やお金の問題ではなくゆっくりと味わいながらつくります。
刃物の切れ味はそのような仕事を大きく左右し手入れされた蚤やカンナ、チョウナ、ヨキ
などの手入れは怠ってはいけません。


自分の家を自分でつくる。9


防虫、防腐 土台は焼きます。
もちろん今の時代もっと良い方法はいろいろあると思いますが自分の家なのでこの方法が自分にやってみることに。




自分の家を自分でつくる8

墨だしと刻みに入ります。
木目を生かしたいためプレーナーは当てられない1本1本手刻みで、




自分の家を自分でつくる7

整地をして基礎工事
この仕事は一般的なものただ工夫したことは開口部を大きくとり風が通りやすく
地面も呼吸できるように工夫しました。
それと備長炭を敷き詰め湿気取。


自分の家を自分でつくる。6

自然乾燥、目が細かく、節も良いものを必要量用意できた。
それ以外に今の建築材の興味深い話ができたことは面白い収穫になる。


自分の家を自分でつくる5

材木
材料を拾い出して製材所に、沢山ある中から1本ずつ探し出す。
この作業も大変ですが自分の家となると断然ファイトが漲る。













自分の家を自分で作る4

設計。
とにかくコンパクトな建物にすることが大変です。
部屋の大きさ、台所、一番厄介なのは高さ、これは本当に大変です。
小さい建物のため基準の高さではバランスが変、どうだろう30パターンの図面を書きました。
大切なことは建物のバランス、風通しを良くする為南側と北側吐き出しにすること、
光が入る建物にする。
台所とお風呂は考えがまとまらず後で考えることにした。

最終確認は3人の設計士に相談しました。

自分の家を自分で作る3

まずは40本ほどの植物を移植、小屋も移動

ここで大事なことは時期です。
今の時代整地する時期、建てる時期、木を倒す時期、乾かす時期
昔は新月の時、土用の日、台風の時期は避けなどを大切な時期がありました。もちろん移植は秋に行います。

自分の家を自分でつくる2

というわけで家を建てる場所
もともとは畑と仮植場です。自分は植物のなかに建物を、という考え方最優先は植物。
植物は空気を綺麗に、西日を抑え、風も抑え、目にも良い、
極力殺生はしたくない。というわけで前の空き地を買って移植することに。



自分の家をつくることにした。

ブログのネタもマンネリになり、
自分の家を自分でつくる話を紹介する。
家を作る構想は10年以上まえから考えていた、どんな家にするか、どこに建てるか、どんな素材にするか、かなり迷い勉強しました、国内もいろんな所に行き、海外もフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ギリシャなど仕事のついでに建築現場を見て回りました。






まずどんな家にするか、50を過ぎた結果とにかく小さく落ち着く建物に決定。
どこに建てるか、これもいろんな土地を探しました、仕事上志摩はとても不便で、台風、地震、津波どの条件も厳しく、ただいろいろ調べてみるとどこにしてもなにかしら問題はあるようで、運が良いことに今住んでいるところは地山で海抜は19メートル良しとすることに。
どんな素材にするか、本当の自然素材で地元の木材、竹、土を使う、
建てる場所は今ある家の西側した、今の家で生活ができるのことで急がずゆっくり作ることができる。
なぜ家を建てることにしたか、今すんでいる建物は25年まえに建てたもの平屋で寄棟当時は防腐剤や新建材、ビニールクロス、グラスウール、合板、ボンドなどをたっぷり使った建物で正直できた時から不信感がありました。ただ田舎のため窓は開け網戸にする習慣があったのは幸いかも、
リホーム考えましたが建物を調べてみると壁の中はカビが、グラスウールは粉状になりこれは予想以上に酷い。これが決定打になりました。

どうして自然素材を使うことにしたか。
15年まえに部屋を増築しました。木造で床と天井はムク材、壁は珪藻土これはボンドを使用していますが隙間もあるため随分まし、自分が思うに木材を使用している建物はやはり空気が良い。
もちろん今の住宅でも健康面を考えて作られているものもあると思います。